Core i7-3770でPCを組んだ

以前検討した部品構成を元にPCを組んだ話。

メモリは結局Kingstonの4GBを2枚、合計4千円のものを選んだ。16GB化は今後の使用状況を見て考える。
電源はまだグラフィックスボードの検討が済んでいないが、手元にあった鎌力参450Wを一時的に使用。モデルが古いから今は手に入らないだろうが、だいたい8千円も行かないくらいのもの。

CPUクーラーはThermalrightのTRUE Spirit 90 DIRECTを選択。
そこそこの値段であり、ゴム足式じゃないからズレてくることもなさそうであること、また90mmファンならケース干渉もないだろうという点で決定。
本当は銅製のヒートパイプだったらもっとよかったけど今回は妥協した。

案外高かったのがケーブル類。ストレージ類をマウントした後にケースに干渉しないようL字の電源やSATAケーブルにする必要があったため別途購入。こちらが合計2.5千円。
(今回買った店が悪かったというのもある。今後は九十九一択かな。)


(図では手元にあったMSIのグラフィックスボードN730を挿しているが画面出力はオンボードを利用)

残念ながら鎌力参はケースにすんなりとマウントできず、電源ユニットの電源プラグソケットがケースに干渉したため、ソケットを少し削って納めた。
ビス穴と電源プラグソケットの距離が近いモデルはケース干渉の可能性があることを今後留意しておきたい。

CPU以外一式の費用:4万6千円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です