CentOS7.2をアップデート中にハングする

作成した自作PCにCentOS 7.2を入れ、最新にアップデートしていた時のこと。
アップデートの途中、パッケージをダウンロードし終えインストールの途中でハングアップした。

[root@localhost ~]# yum update all
...
  整理中                  : 1:libreoffice-pdfimport-4.3.7.2-5.el7.x   1165/1900 
  整理中                  : 1:libreoffice-draw-4.3.7.2-5.el7.x86_64   1166/1900 
  整理中                  : initial-setup-0.3.9.30-1.el7.centos.x86   1167/1900 
(ここで止まる。CPUも全く使っていないから何か待っているのだと思われる)

何度かやってみたが、何度もハングアップするので調べてみるとこちらに同じ悩みを抱えた人の投稿があった。
https://www.centos.org/forums/viewtopic.php?t=52354

なるほど、ps faxしてまずはどんなコマンドで止まっているか見るべし、ということですね。

 2964 pts/0    Ss     0:00  \_ /bin/bash
 2998 pts/0    S      0:00  |   \_ sudo su -
 3004 pts/0    S      0:00  |       \_ su -
 3007 pts/0    S      0:00  |           \_ -bash
 3574 pts/0    S+     3:11  |               \_ /usr/bin/python /bin/yum update
14224 pts/0    S+     0:00  |                   \_ /bin/sh /var/tmp/rpm-tmp.Jm4qoj 1
14243 pts/0    S+     0:00  |                       \_ /usr/bin/systemctl try-restart initial-setup-text.service

initial-setup-textというサービスの再起動をgracefulにやろうとしているが、それでまっている様子。
なので、別端末からinitial-setup-textを強制的に止めてやれば解決した。

systemctl stop initial-setup-text

KickstartやAnsibleで自動構築する場合には、明示的にinitial-setup-textを止めてからyum updateすることで回避するのがよさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です