Anaconda3にTensorFlow 1.10をセットアップ

気づけばTensorFlow1.10が出ていたので、Anaconda3の仮想環境にそれ用の環境を作る。

conda create -n py36_tensorfow110

pip install tensorflow==1.10

依存関係にあるtermcolor,gast,absl-pyがインストール時にビルドを行う様だ。
それ以外はすでにビルド済みのモジュールが配布されている。
また、msgpackがインストールされていない、と赤字で警告が出た。なので別途ユーザ権限でインストールしてやる。

pip install msgpack --user

Anaconda3をマシンにインストールしていなければ、もしくは自分に管理者権限がついていれば–userオプションは不要。
例えば企業のPCなど権限管理がしっかりされているPCでは–userがないとアクセス権限違反でインストールが失敗する。

(py36_tensorflow119) C:\Users\OreOre>pip install msgpack
Collecting msgpack
  Using cached https://files.pythonhosted.org/packages/04/81/c6363198f24ec1c56e5c48ce685cb532e175125adade0cdb181c8c5fea6e/msgpack-0.5.6-cp36-cp36m-win_amd64.whl
Installing collected packages: msgpack
Could not install packages due to an EnvironmentError: [WinError 5] アクセスが拒否されました。: 'C:\\ProgramData\\Anaconda3\\Lib\\site-packages\\msgpack\\exceptions.py'
Consider using the `--user` option or check the permissions.

msgpackはおそらくcondaでmsgpack-pythonが標準で入ってしまっており、それの更新をしようとしてこのようなエラーになったのだと思われる。
同様の事象が起きるのは多くないだろうが、それでも他でも起きる可能性はあるので注意が必要。

TensorFlowインポート時の警告を抑止する

素のままでやるとこう。

>>> import tensorflow
C:\ProgramData\Anaconda3\lib\site-packages\h5py\__init__.py:36: FutureWarning: Conversion of the second argument of issubdtype from `float` to `np.floating` is deprecated. In future, it will be treated as `np.float64 == np.dtype(float).type`.
  from ._conv import register_converters as _register_converters

将来的に単精度から倍精度に切り替わりますよ、という警告のようです。
こちらを参考に、h5pyモジュールのバージョンをアップして対応。https://qiita.com/cygmin/items/b2c72eb3a9c305ff1419
h5pyもconda(というかbase仮想環境)に入っているものなので–userをつける必要がある。

pip install --upgrade h5py --user

これで警告なくインポートできるようになった。

Python 3.6.5 |Anaconda, Inc.| (default, Mar 29 2018, 13:32:41) [MSC v.1900 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import tensorflow
>>> print(tensorflow.__version__)
1.10.0
>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です