GSuite利用したらやっておく設定(DNS)

GSuiteを利用するため独自ドメインのメールに関する部分をGSuite管理下にしたが、その時の設定備忘録。

ドメイン検証

GSuite利用開始時にドメイン所有を検証するために必要なTXTレコード。
指示に従い登録すればいい。

MXレコード

Gmailに受信メールが配送されるようにする設定。
https://support.google.com/a/answer/174125?hl=ja
こちらの内容に従ってMXレコードを登録。

SPFレコード

SPFレコードはTXTレコードで実装する場合と実際にSPFレコードで実装する2パターンを用意する。
SPFレコードに対応していないクライアントのためにTXTレコード実装案が用意されているようだ。

IN SPF "v=spf1 ip4:xx.yy.zz.ww include:_spf.google.com -all"
IN TXT "v=spf1 ip4:xx.yy.zz.ww include:_spf.google.com -all"

上記はGmailからの送信と、SMTPサーバ(IPアドレスがxx.yy.zz.ww)からの送信を正しいとする場合の設定。

DKIMについて理解が足りていないので一旦割愛。

https://toolbox.googleapps.com/apps/checkmx/check
ここから自身のドメインについて確認し、エラーがないことを確認する。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です