Windows7 32bit MBRをWindows10 64bit GPTにする

Windows7(32bit)のライセンスをWindows10(64bit)にし、GPT対応化させる。
主にはここでMBAに移行したOS対応だが、普通のWindows7 32bitでも同じはず。

なかなか危ない橋を渡ることになるので、バックアップは要所要所でとって置く必要あり。

Windows7 32bit→Windows10 32bit:アップグレード

可能なら、完全に元に戻すために、最初の状態をバックアップしておく。
Windows7を起動した状態で、Windows10 32bitのインストールメディアを挿入し、アップグレードを適用。
Webにいろいろ記事があるので、ここでの詳細手順は割愛。
ドライバも(可能なものは)同じものが適用できるはずなので、特段の問題はないはず。

NXがサポートされていない問題が起きたら

基本的には問題は起きないはずだが、アップグレード適用前のWindows10対応状況の確認の時に、「重要な機能(NX)がサポートされていません。」とメッセージが出て未適合と判定されることがある。
こちらを参考にした)
そうした場合、以下のコマンドを管理者権限で実行したコマンドプロンプトから実行し、再起動を行う準備が必要。

bcdedit /set {current} nx AlwaysOn

再起動して、もう一度適用状況を確認すると問題なしとなる。

Windows10 32bit→Windows10 64bit:ライセンスのみ引き継ぎの新規インストール

Windows10 64bitインストールメディアから、現在のCドライブにそのまま64bit OSを上書きインストール。
こちらもWebにたくさん記事があるので詳細手順を省略。

ライセンスは引き継がれ、アプリケーション等は(退避フォルダ下に移動され)使えなくなる。
また、基本的に新規インストール扱いなので、ユーザ設定も最初から行う。
ドライバもまったくクリーンになるのでいろいろ使えなくなる。ドライバ再インストール必要。

MBR Windows10 64bit→GPT Windows 10 64bit:パーティションレイアウト変更

Windows10 1703(Creators Update)以前は、コマンド一発でさくっ、とはできなかったようだ。
バックアップイメージを作成しておき、新パーティション構成で作ったあと、ファイルシステムから属性等を維持したままコピーという方法が調べたら出てきた。
1703以降は、Microsoft純正のMBR2GPT.exeという、システムドライブのみ、GPT方式に変更するツールが含まれるようになったので
インストールしたWindows10が1703以降であれば比較的簡単にできる。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/deployment/mbr-to-gpt

PC復旧モードで起動、Cドライブをマウント

復旧モードのコマンドプロンプトを開き、diskpartよりシステムボリュームをCドライブとしてマウント。
mbr2gpt.exeを使い変換する。

cd C:\Windows

REM 'diskpartをつかいシステムボリュームをCドライブとしてマウントしておく'
diskpart

REM 'まずは変換の条件を満たしているか確認'
mbr2gpt /validate /disk:0

REM '問題なければ変換をかける'
mbr2gpt /convert /disk:0

BCD修正

GPTに正しく変換できたら、ブート情報を更新しておく。(不要だったかもしれないが)

REM 'diskpartで、先に生成されたEFIパーティションをIにマウントしておく'
REM 'Iじゃなくても可能'
diskpart

REM 'BCD修正'
bcdboot c:\Windows /l ja-JP /s I: /f UEFI

再起動

正しくブート情報が直っていれば起動できるはず。

上記でMacBookAir2011Midに、デスクトップPCで使っていたライセンスを移行できた(認証も通った)。
ただ、残念ながらMBA2011Mid+Win10+GPTは不具合を起こすことが知られており、結果的にWindows10をあきらめることになった。

  • Intel HDGraphics 3000のドライバを有効にすると、画面表示がなされなくなる
  • その他、ドライバが正式にはリリースされていないので適合しないデバイスがいくつもある

最終的に、MacBookAir2013Earlyが手元にあったので同様の手順でそちらに移行した。こっちはドライバもあたり無事に動作した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です