MediaWikiを構築

MediaWikiを使ってみたいのでセットアップしたメモ。
公開サーバに上げず、PHPの開発用ビルドインサーバで、RDBMSにSQLiteを使った構成でやる。

PHP

まずはPHPのセットアップ。
公式によると2018年05月現在PHP 5.5.9以降が必要とのこと。
PHPのサイトよりソースコードをダウンロードしてビルドするか、パッケージマネージャをつかいphpをインストールする。
mbstring拡張が必要なので注意。

# ビルド例
./configure --prefix=${HOME}/usr/local --enable-mbstring
make & make test
make install

MediaWiki

公式サイトよりソースコード一式をダウンロードし展開。
展開して出来た”mediawiki-${version}”ディレクトリをドキュメントルートとしてPHPビルドインサーバを起動。

cd ${PATH_TO_DIR_OF_MEDIAWIKI}
export PATH=${HOME}/usr/local/bin:${PATH}
php -S 127.0.0.1:8880 -t $(pwd)

PHPビルドインサーバを起動したら(上記のコマンド例では)http://127.0.0.1:8880 をブラウザで開き、MediaWikiの初回セットアップ(LocalSettings.phpの作成)を画面越しに行う。
データベースの選択時にMySQL等他のRDBMSが選べるが、SQLiteを選択する。

設定終了後ダウンロードされるLocalSetting.phpを、MediaWikiを展開したフォルダに置く。

# mv ~/Downloads/LocalSettings.php ${PATH_TO_DIR_OF_MEDIAWIKI}

再度、ブラウザでMediaWikiのURL(http://127.0.0.1:8880)を開き直せば完了。

MediaWikiの使い方の設定、PHPのパフォーマンス向上については改めて調査しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です