Raspberry Pi 3にUbuntuをインストール

Raspberry Pi 3 model Bを入手したので、手軽くインストールできるLinuxを調べた結果Ubuntuが良さそうだったのでインストールした。
基本的にこちらの記事を参考に実施した。

個人的にはRHEL系のディストリビューションがよかったが、あまり新しくなかったことと、参考記事の手順が明白だったのでUbuntu MATEに決めた。
(MATEはてっきりメイトと読むのだと思っていたが、マテ、だったのか…)

OSイメージのダウンロード

https://ubuntu-mate.org/download/ よりRaspberry Pi用のイメージ(約1.1GB)をダウンロードする。

イメージをSDカードに焼く

ダウンロードしたファイルはxz形式で圧縮されているので展開する(展開後約4.7GB)。
展開したイメージをddを使い焼く。

unxz ubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img.xz

# SDカードは"mmcblkX"として認識される
# 複数スロットがあり、かつ複数枚挿入している場合は数字が異なる可能性がある
if lsblk /dev/mmcblk0
then
    sudo dd if=./ubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img of=/dev/mmcblk0 bs=4M
fi

SDカードを接続しRaspberry Pi起動

Ubuntuのセットアップが始まるので、通常のUbuntuの様に設定を行う。

以上。

高々6000円のデバイスがHDMI出力可能なLinuxマシンになると考えるなかなか良い時代になったなぁと思う。
いつかこちらのようにCentOSをインストールしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です