CakePHPのDatabaseにSQLite3

CakePHPのインストールは終了したが、標準のままではDatabaseの設定がなされていないため、SQLite3をDatabaseとする設定を行う。

php.ini修正

SQLite3に関するモジュールをインポートする設定を追加。

913c913
< ;extension=php_pdo_sqlite.dll
---
> extension=php_pdo_sqlite.dll
923c923
< ;extension=php_sqlite3.dll
---
> extension=php_sqlite3.dll

config/app.php

Datasources[“default”]

“default”として使用するデータベースの設定を変更する。

223c223
<             'driver' => 'Cake\Database\Driver\Mysql',
---
>             'driver' => 'Cake\Database\Driver\Sqlite',
225c225
<             'host' => 'localhost',
---
>             //'host' => 'localhost',
232,234c232,234
<             'username' => 'my_app',
<             'password' => 'secret',
<             'database' => 'my_app',
---
>             'username' => '',
>             'password' => '',
>             'database' => ROOT . DS . 'datafiles' . DS . 'my_app.sqlite',

Datasources[“test”]

“test”として使用するデータベースの設定を行う。
元々MySQLの設定が入っているのでSQLiteに書き換えているが、不要であれば削除してしまってもよいと思う。

268c268
<             'driver' => 'Cake\Database\Driver\Mysql',
---
>             'driver' => 'Cake\Database\Driver\Sqlite',
270c270
<             'host' => 'localhost',
---
>             //'host' => 'localhost',
272,274c272,274
<             'username' => 'my_app',
<             'password' => 'secret',
<             'database' => 'test_myapp',
---
>             'username' => '',
>             'password' => '',
>             'database' => ROOT . DS . 'datafiles' . DS . 'test_myapp',

データファイル格納ディレクトリを作成

‘database’の値をROOT直下ではなくサブディレクトリに置いた場合には、そのフォルダを作っておく。
上記例ではプロジェクトディレクトリ下のdatafiles。

mkdir datafiles

以上で設定は終了。
bin\cake serverしてアプリケーションに接続してみると、データベースの欄が”CakePHP is able to connect the database.”になっているはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です