Windows10でWakeOnLAN設定

Windows10のPCでWakeOnLANしようとしたときのこと、BIOSで有効化していてもうまく起動しないことが多々あり調査した。

最終的にはWakeOnLANすることができたので、確認点をまとめておく。

BIOSでWakeOnLANが有効になっているか

BIOSの、だいたいPowerManagement的な欄にWakeOnLANを有効にするかどうか設定する場所があるので
これを有効にしておく。

またものによっては各スリープ状態の許可/不許可も設定する必要があるので、これらも併せて行っておく。

高速スタートアップを無効に

コントロールパネル > ハードウェアとサウンド > 電源オプション > 電源ボタンの動作の選択 を開き
「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックして編集可能にした後
「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックをオフにする。

これをしないと、PCシャットダウン時にNICに給電されない。
(EthernetPortの緑のランプが点いた状態にならない)

NICのプロパティから、Wake on Magic PacketをEnableに

devmgmt.mscを起動し、イーサネットアダプタのプロパティを開く。

電源の管理

電源の管理のタブの設定は必要ない。
チェックが入っていても入っていなくてもWakeOnLANできた。

詳細設定

プロパティの”Wake On Magic Packet”をEnableにする。

上記設定をすればWakeOnLANできる。
電源ボタンの動作で高速スタートアップを無効にするのはWindows特有の話なので注意が必要。
BIOSいじった後はWakeOnLANできるのに、Windowsのシャットダウン後はWakeOnLANできない場合は特に、この設定がなっていない可能性がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です