pdf2htmlEXをビルドする

PDFをHTMLに変換してくれる便利なソフトウェアpdf2htmlEX。これをCentOS7でビルドする。

今回ビルド環境はCentOS 7.5.1804、カーネル3.10.0-862.14.4。
インストール先は/usr/local/以下(デフォルトのPREFIX)。

基本的な手順は公式を参照した。
作者も述べている通り手順は方針であり、実際には意訳して各ディストリビューションに合わせて部分的に直す必要がある。

# 依存関係のあるパッケージのインストール
yum install vim
yum install cmake make gcc gcc-c++
yum install gnu-getopt
#yum install java-1.8.0-openjdk
yum install libpng-devel
yum install fontforge-devel
yum install cairo-devel
yum install poppler-devel # http://mirror.centos.org/centos/7/os/x86_64/Packages/poppler-devel-*.rpm
yum install libspiro-devel
#yum install freetype-devel
#yum install poppler-data
yum install libjpeg-turbo-devel


# M4
wget http://ftp.gnu.org/gnu/m4/m4-1.4.18.tar.gz
tar xzf $(basename ${_})
pushd ${_//.tar.gz/}
./configure
make
make install
popd


# FontForge
yum install libtool libtool-ltdl-devel
yum install patch
yum install libxml2-devel
yum install python-devel pango-devel
git clone https://github.com/coolwanglu/fontforge.git
pushd $(basename ${_//.git/})
./bootstrap
./configure
make
make install
popd


# pdf2hmlEX
export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig
git clone git://github.com/coolwanglu/pdf2htmlEX.git
pushd $(basename ${_//.git/})
cmake .
make
make install
popd


# ldconifg
# 
# ビルドしてインストールした*.soを見つけられるようにする
cat <<LDCONFIG > /etc/ld.so.conf.d/local.conf
/usr/local/lib
LDCONFIG
ldconfig

無事インストールが終われば、プログラムが実行できるはず。

pdf2htmlEX ${INPUT_PDF_FILE} ${OUTPUT_HTML_FILE}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です